川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
新緑の季節
5月になると新緑もさらに映える様になります。冬が長いドイツではDer Mai ist gekommen!(5月がやってきた!)と言って春の到来に感謝すると聞きました。
行楽や、また運動を始めるにはとても良い季節です。ところが、運動不足などによって筋肉が衰えるとむくみやすくなったりします。
そもそも、『むくみ』とは何でしょうか?むくみは細胞の間に余分な水分が溜まった状態です。この水分を組織間液と言います。心臓から送りだされた血液は動脈から、組織内の毛細血管を通り酸素や栄養を組織に供給しその後、静脈に入り再び肺から心臓へと循環します。組織内の毛細血管で圧力が上昇すると血管から水分が漏れ出し組織間液となり、皮下に液が異常に溜まるとむくみとなります。
むくみの原因は様々です。最初にも書きましたが、筋力の低下でも生じることがあります。また、塩分摂取過剰やお酒の飲み過ぎも原因となります。また、病的な状態として心臓病や腎臓疾患、肝臓疾患、甲状腺疾患、下肢の血管病変、リンパ浮腫などでも生じます。顔や手・足などむくみの生じる場所も重要です。それにより病気の診断が推測できることもあるからです。
夕方になると靴下の跡が皮膚に映り、むくみが出ると言われる方が、いらっしゃいますが、一日中立っている人では重力の関係から下肢に血液がうっ滞するようになりむくみ易くなることがあります。高度でなければ様子を見ていただいて構わないと思います。指で押して爪の半分くらいまでむくみがあるなら受診をお勧めいたします。また、朝、起きた時からむくんでいた場合も受診をした方が良いです。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
熱中症に注意!

今年の大暑は7月23日でした。大暑とは二十四節気の中で一年で最も暑い時期とされています。
環境や都市構造の変化などから日本の気温も上昇傾向にあり、ここ数年この時期になると猛暑日の発表も多くされ、それに伴い熱中症も増加します。
熱中症は、体内で熱の産生と放出のバランスが崩れ著しく体温の上昇した状態をいいます。暑い中のスポーツなどで生じる労作性熱中症と、屋内の暑い環境下で長時間過ごすことよる非労作性熱中症に分けられます。
熱中症の症状は軽い場合、めまいや筋肉痛、多量の発汗、こむら返り、生あくびなど、中等症では頭痛や嘔吐、倦怠感や判断力の低下などを生じ、重症では意識障害や肝・腎機能障害となり死に至ることもあります。
熱中症の予防は、屋外に置いては炎天下の運動や労働を避け水分を十分に取ること。屋内においては適度な温度・湿度を維持することと、喉が渇かなくても水分摂取をこまめに行うことです。
最後に、簡単に身体の水分を見る方法として前腕の皮膚をつまんでみるツルゴール反応をご紹介します。左右どちらかの前腕皮膚をつまんで、2秒以内に皮膚が元の状態に戻らなければ脱水状態が疑えますので、医療機関の受診が必要です。

2017.07.28
pagetop