川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
息がしづらい‼︎その症状、気胸かも?
気胸と言う病気をご存知でしょうか。主に肺先端部の胸膜にできた小さな風船(ブラという)が破けて、肺の空気が抜け肺がしぼんでしまう病気です。長身で若い男性に起こり易い傾向がありますが、女性でも月経に伴った月経随伴性気胸などもあります。肺は、呼吸によって外界の酸素を取り入れ、逆に体内で消費した二酸化炭素を排出するという、ガス交換を行っている臓器です。肺内にはブドウの房のような肺胞がたくさん集まり、血管と接してガス交換を行います。そして空気の貯まった袋となっています。その肺表面の胸膜という部分が薄くなる病態がブラです。ブラには絶えず空気による圧力がかかり、やがてお餅が火の上で膨れた時のように膨らみ、強い力がかかると破裂します。破裂すると肺内の空気は外(胸腔)に逃げ出し肺はしぼんでしまします。 気胸はひどくなると呼吸がしずらくなったり、息が吸い込めないといった症状を起こします。稀ですが両側の肺に気胸が起きると命の危険もあります。また肺尖部の血管が切れると血胸を合併することもあります。 診察で気胸を疑ったら、まずは胸部X線画像で肺の状態を確認します。気胸には程度があり、軽いものだと肺の虚脱も軽度で聴診などではわからない場合もあります。高度の気胸であれば、入院して胸腔にチューブを挿入しての脱気を行う処置(胸腔ドレナージ)が必要となります。脱気で改善なければ胸腔鏡による手術療法となります。脱気で改善しても再発する可能性があり、その時は手術療法となります。手術を行えば再発はまずありません。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
プリン体の多い食品

立冬が過ぎると、冬将軍の到来も始まり鍋物などが美味しい季節になります。
そこで今回は、以前、痛風発作の項目でもお話しした、プリン体の多い食品についてもう少し詳しくふれ、年末の食生活に生かしていただければと思います。
プリン体を多く含む食品は以下となります。

A)極めて多いもの(300mg/100g以上)
煮干し、鰹節、シラス干し、干し椎茸、鳥レバー、アンコウの肝、白子など。

B)多いもの(200~300mg/100g)
カツオ、エビ、わかめ、豚レバー、牛レバー、パセリ、アジの干物など。

C)少ないもの(50~150mg/100g)
たらこ、うなぎ、納豆、かぼちゃ、ほうれん草、牛タンなど。

お酒の中ではビールや紹興酒に最も多く含まれ、逆にウイスキーや梅酒にはほとんど含まれていません。焼酎、泡盛だとゼロです。
このように見てゆくと、プリン体は干物やレバーなどのホルモンに多く含まれていることがわかります。アルコールも焼酎だと安心です。痛風がある方や尿酸値が高いと言われた方は上記の食品には注意が必要です。
食事等で改善しない場合は薬剤による介入も考えなければなりません。

2017.11.16
pagetop