川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
皮膚の乾燥
気温が低下して冬に向かう頃から、湿度も下がり皮膚が乾燥して痒みを生じる方も多いかと思います。乾燥すると痒みが生じるのは何故なのでしょうか?
皮膚は、外からの刺激や細菌の侵入を防ぐ役割を備えています。皮膚の表面には汗や脂質などの保湿成分が絶えず分泌されています。皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質は皮膚バリアの3因子とも言われます。皮膚の乾燥は、皮膚の最も外側にある角質に含まれる保湿成分が減少することで生じます。減少の原因としては外気温の低下や湿度低下、加齢性変化、ボディソープなどによる洗いすぎなどがあります。
角質のバリア機能が低下すると、角質は硬くなり細かな亀裂などが生じるようになります。このような状態になるとバリア機能は有効に働かないため洗剤の刺激や細菌の侵入なども受けやすくなり、湿疹など皮膚の炎症を惹起して痒みを生じるようになります。これが皮脂欠乏症の状態です。
角質のバリア機能を保って、皮膚を乾燥から守ることが予防として重要です。まずは、保湿することでバリア機能を補うことです。毎日行うことが重要で、保湿薬は薬局などでも扱っています。市販のものではセラミドを含有しているものが人気です。皮膚を清潔に保つことも重要ですが、入浴時にボヂィソープでゴシゴシと強くこすることは知らず知らずのうちに皮膚を壊している行為です。よく泡だてた泡を転がすように洗うのが良いでしょう。暖房なども皮膚の乾燥を悪化させます。加湿器を併用することをお勧めします。
特に高齢者では、皮膚の乾燥が顕著になりますので上記のような方法で、スキンケアに心がけ痒みを避けたいものです。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
インフルエンザ

季節性インフルエンザが流行する時期が到来しました。当院でもインフルエンザの方を散見するようになり、今シーズンはA型もB型もほぼ同率で見られています。
インフルエンザは風邪症候群の一つで全身症状や高熱を伴うのが、他の風邪と違う点です。典型的な症状は、突然の発症、38度以上の高熱、咳・痰などの呼吸器症状、全身倦怠感などの全身症状が主となります。
現在では、インフルエンザ迅速診断キットを用いることで精度の高い診断が可能となっています。ただし、発症早期には陰性となることもあります。しかし、発症から6時間以内でも多くの症例では陽性となり診断は有用であるともいわれています。
インフルエンザと診断が確定したら、抗インフルエンザ薬であるタミフルやイナビル、リレンザ、ラピアクタを使用することとなります。薬剤には投与経路などにより一長一短があります。
インフルエンザは、学校や職場など人の集るところで感染しやすく、マスクの着用やこまめなうがい、手洗いが予防には重要です。
インフルエンザ感染の合併症として、高齢者では肺炎などが危惧されます。高熱等が生じたら早期の受診で診断を確定して治療することが、感染を拡大させないことも含め重要となります。

2018.01.17
pagetop