川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
心不全とは?
心不全というのは病気の名前というより、心臓の状態を表す言葉になります。心臓は以前もお話ししたように、体全身に血液を送る、心筋という筋肉で造られたポンプです。ポンプには血液を送る力が必要です。心臓のポンプ機能は1分間あたり3~5リットルの血液を体全体に送る力があり、また一回心臓が収縮すると牛乳瓶半分ほどの血液が送り出されます。かなりパワフルなポンプであることがお分かりいただけるかと思います。この心臓が、1分間あたり50〜100回動き、1日にすると10万回も動いて体を維持しています。生まれてから死ぬまで一度も休まずに動き続けるのです。僕自身が心臓に魅了されるのはこの点かも知れません。
その心臓としてのポンプ機能が落ちる状態が心不全です。心不全になると体に送る血液量が落ち込みます。
心不全の原因は多岐に渡ります。心臓病では心筋梗塞や心臓弁膜症、重症不整脈、重症高血圧、心筋症などの筋肉の病気などで生じます。また、甲状腺疾患や腎臓病、膠原病などの内科疾患でも生じることがあります。
症状としては、最近TVのCMでもやっていましたが、動いた時の息切れ感やむくみが主となります。動悸や冷や汗、胸の違和感などが生じることもあります。ひどくなると咳・痰などの呼吸器症状も生じます。心不全は胸部X線などの検査を行うことで比較的容易に診断をつけることができるので、息切れ感など生じるなら医療機関の受診が重要です。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
体に悪い食べ物?

前回は、日常生活における体に良い食品とはどのようなものがあるかをお話ししました。今回はその反対に体に悪い食べ物とはどのようなものが、特に口にすることが多い加熱食品についてお話しします。
昔から焦げたものは体に良くないと言われてきました。特に肉類の焦げた部分には、化学変化で生じた発がん性を示唆されるヘテロサイクリックアミンが含有されています。100度以上で加熱したものや、高温の油で揚げる物は特に危険です。
また、近年では、焼き目の付いた食品にはAGE(終末糖化産物)という物質が多く含まれていることがわかりました。これは焦げと同じように、加熱する温度が高いほどより多く発生するとされています。AGEが多く蓄積されると早期の老化進行が危惧されます。
以前、アメリカのドキュメンタリー映画の企画で、一人の男性が某有名店のハンバーガーを3食毎日食べ続けるとどうなるかいったものがありましたが、1か月も経たないうちにドクターストップが掛かり企画は中止となっています。
上記に示したもの以外にも、沢山の体に悪い食品がネットなどで議論されています。
現実には、気づかないうちに、良い食品も悪い食品も日常的に食べているのです。
調理法も重要なポイントとなります。焼いたり揚げたりするより、煮たり、ゆでたりする方が体には良いようです。 から揚げやホテトフライなどの揚げ物はほどほどに控えた方が良いと思われます。

2018.02.21
pagetop