川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)
夏休みに飛行機で旅行等をされた方も多いと思います。この飛行機内で起こりやすいとされているのが、一時期、テレビなどでも話題となったエコノミークラス症候群です。
エコノミークラス症候群とは、飛行機に長い時間座っていて、現地に着き歩き始めた時に急に息苦しくなり、ひどい時は呼吸停止など生死に関わる症状を起こす病態です。これは、長い時間、同じ姿勢でいることのより下肢の静脈内で血の塊(血栓)が形成され、歩行で動き出すことにより血栓剥がれ、血流に乗り肺の血管を詰まらせ呼吸困難等の症状を起こすものです。飛行機内では、地上と違って気圧や湿度などが管理されています。そして、何と言っても動くことが極端に少なくなります。乾燥による脱水や下肢を動かさないことで、下肢の静脈内で血栓が形成されやすい状況が作り出されることになります。その血栓が肺に到達すると肺血栓塞栓症という疾患を惹起します。よってエコノミークラスだけで生じる病態ではありません。
しかし、このような状況は、飛行機の中だけで生じることだけではなく、気を許すと地上にいても、誰にでも生じる病態なのです。エアコンの効いた部屋の中で、長時間同じ姿勢で座って、水分摂取を怠たったりすると起こり得る可能性が高いです。肺血栓塞栓症を予防するためには、喉が渇かなくてもこまめな水分摂取や、長時間同じ姿勢をとる場合には、適度の歩行や運動を合間に行うことです。また、飛行機内では足を意識的に動かすことが重要です。そしてアルコールの飲み過ぎは脱水を助長して血栓形成を起こしやすくするので控えめをお勧めします。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
息がしづらい‼︎その症状、気胸かも?

気胸と言う病気をご存知でしょうか。主に肺先端部の胸膜にできた小さな風船(ブラという)が破けて、肺の空気が抜け肺がしぼんでしまう病気です。長身で若い男性に起こり易い傾向がありますが、女性でも月経に伴った月経随伴性気胸などもあります。肺は、呼吸によって外界の酸素を取り入れ、逆に体内で消費した二酸化炭素を排出するという、ガス交換を行っている臓器です。肺内にはブドウの房のような肺胞がたくさん集まり、血管と接してガス交換を行います。そして空気の貯まった袋となっています。その肺表面の胸膜という部分が薄くなる病態がブラです。ブラには絶えず空気による圧力がかかり、やがてお餅が火の上で膨れた時のように膨らみ、強い力がかかると破裂します。破裂すると肺内の空気は外(胸腔)に逃げ出し肺はしぼんでしまします。

気胸はひどくなると呼吸がしずらくなったり、息が吸い込めないといった症状を起こします。稀ですが両側の肺に気胸が起きると命の危険もあります。また肺尖部の血管が切れると血胸を合併することもあります。

診察で気胸を疑ったら、まずは胸部X線画像で肺の状態を確認します。気胸には程度があり、軽いものだと肺の虚脱も軽度で聴診などではわからない場合もあります。高度の気胸であれば、入院して胸腔にチューブを挿入しての脱気を行う処置(胸腔ドレナージ)が必要となります。脱気で改善なければ胸腔鏡による手術療法となります。脱気で改善しても再発する可能性があり、その時は手術療法となります。手術を行えば再発はまずありません。

2019.07.02
pagetop