川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
新緑の季節
5月になると新緑もさらに映える様になります。冬が長いドイツではDer Mai ist gekommen!(5月がやってきた!)と言って春の到来に感謝すると聞きました。
行楽や、また運動を始めるにはとても良い季節です。ところが、運動不足などによって筋肉が衰えるとむくみやすくなったりします。
そもそも、『むくみ』とは何でしょうか?むくみは細胞の間に余分な水分が溜まった状態です。この水分を組織間液と言います。心臓から送りだされた血液は動脈から、組織内の毛細血管を通り酸素や栄養を組織に供給しその後、静脈に入り再び肺から心臓へと循環します。組織内の毛細血管で圧力が上昇すると血管から水分が漏れ出し組織間液となり、皮下に液が異常に溜まるとむくみとなります。
むくみの原因は様々です。最初にも書きましたが、筋力の低下でも生じることがあります。また、塩分摂取過剰やお酒の飲み過ぎも原因となります。また、病的な状態として心臓病や腎臓疾患、肝臓疾患、甲状腺疾患、下肢の血管病変、リンパ浮腫などでも生じます。顔や手・足などむくみの生じる場所も重要です。それにより病気の診断が推測できることもあるからです。
夕方になると靴下の跡が皮膚に映り、むくみが出ると言われる方が、いらっしゃいますが、一日中立っている人では重力の関係から下肢に血液がうっ滞するようになりむくみ易くなることがあります。高度でなければ様子を見ていただいて構わないと思います。指で押して爪の半分くらいまでむくみがあるなら受診をお勧めいたします。また、朝、起きた時からむくんでいた場合も受診をした方が良いです。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
狭心症と心筋梗塞

当院は、この4月で開業して丸2年を経過し3年目に入りました。今までの皆様のご支援に感謝するとともに、今後とも地域医療に尽力を続けて行く所存です。何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、今回は前回の続きで狭心症や心筋梗塞など病気に関することを話したいと思います。狭心症や心筋梗塞は虚血性心疾患という心臓病に分類されます。心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈に血液が正常に流れていれば、心臓は問題なく機能し症状も出ません。
しかし、動脈硬化や血管の痙攣などにより、冠状動脈が狭くなり血液が流れにくくなると狭心症を、さらに進んで血管が閉じてしまうと心筋梗塞が発症します。狭心症では、酸素や栄養が一時的に滞る状態なので心臓の筋肉は壊れたりしませんが、心筋梗塞では血流が完全に途絶えるため、閉塞血管以降での心臓の筋肉が壊れて死んでしまいます(心筋壊死)。こうなると心臓のポンプとしての機能が制限され、心不全になったり、不整脈が出たりし最悪の場合は死に至ることもあります。
狭心症や心筋梗塞で典型的な症状が胸痛です。胸痛は圧迫感や締め付けられる痛みなど様々な痛みや程度の場合があり、時には胃のあたりの鈍痛や、背部痛、左腕や顎の方に放散する痛みとして発症することもあります。狭心症では運動時などで胸部の圧迫感などを感じることも多く見られます。
虚血性心疾患は、特有な症状や心電図、採血等で診断できますが、狭心症では症状がない時には、心電図で変化が現れず診断に苦慮する場合もあります。そのような時には、24時間心電図(ホルター心電図)や負荷心電図、心エコー検査などを組み合わせ診断します。疑いが強くなれば冠動脈CTや放射線シンチグラフィー、心臓血管造影検査等を行い診断を確定させます。
胸部違和感等が改善しない場合には専門医の受診をお勧めします。
次回は虚血性心疾患の治療に関してお話ししたいと思います。

2018.04.06
pagetop