川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
心不全とは?
心不全というのは病気の名前というより、心臓の状態を表す言葉になります。心臓は以前もお話ししたように、体全身に血液を送る、心筋という筋肉で造られたポンプです。ポンプには血液を送る力が必要です。心臓のポンプ機能は1分間あたり3~5リットルの血液を体全体に送る力があり、また一回心臓が収縮すると牛乳瓶半分ほどの血液が送り出されます。かなりパワフルなポンプであることがお分かりいただけるかと思います。この心臓が、1分間あたり50〜100回動き、1日にすると10万回も動いて体を維持しています。生まれてから死ぬまで一度も休まずに動き続けるのです。僕自身が心臓に魅了されるのはこの点かも知れません。
その心臓としてのポンプ機能が落ちる状態が心不全です。心不全になると体に送る血液量が落ち込みます。
心不全の原因は多岐に渡ります。心臓病では心筋梗塞や心臓弁膜症、重症不整脈、重症高血圧、心筋症などの筋肉の病気などで生じます。また、甲状腺疾患や腎臓病、膠原病などの内科疾患でも生じることがあります。
症状としては、最近TVのCMでもやっていましたが、動いた時の息切れ感やむくみが主となります。動悸や冷や汗、胸の違和感などが生じることもあります。ひどくなると咳・痰などの呼吸器症状も生じます。心不全は胸部X線などの検査を行うことで比較的容易に診断をつけることができるので、息切れ感など生じるなら医療機関の受診が重要です。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
漏斗胸(ろうときょう)

学校も夏休みとなり、ここのところ何人かの漏斗胸の患者さんが来院されました。以前、在籍していた東京女子医大病院では一時期、日本有数の漏斗胸患者さんを診ていました。そこで今回は漏斗胸に関してお話ししたいと思います。

漏斗胸はかなり珍しい病気です。遺伝的な要因があり、出生後から徐々に前胸部にある胸骨が落ち込んでゆく疾患です。症状もなく、徐々に前胸部が変形してゆくので最初はご両親も気が付かないことが多いようです。3歳頃になると前胸部の漏斗状がはっきりしてきますが、成長期の一時的な変化などと思われ、幼稚園や学校生活の中でも見過ごされることがあります。男の子では小学校でのプールなどで友人により指摘され外来を受診する方もいました。

漏斗胸は、肋骨の成長点である肋軟骨の過剰成長が原因で、胸骨が落ち込み漏斗状となります。ですから男女共に胸郭という胸の骨の形が完成するまでの間、漏斗胸は進行することとなります。つまり、年齢を重ねるに従い変形は強くなり背骨にも負荷を掛けて側湾も生じるようになります。心臓や肺の圧迫も起こります。

漏斗胸の症状はほとんどないので、そのまま放置しても構いませんが、治療するならペクタスバー等による手術が必要となります。また、漏斗胸を含んだ胸郭変形疾患においてはマルファン症候群など予後不良な疾患を合併することも稀にあるので、胸の形がおかしいと思われたなら一度ご相談下さい。当院では漏斗胸を含めた胸郭変形疾患も診察いたします。

2018.08.01
pagetop